このページの先頭です

家にいながらできる簡単ドライアイ対策を試してみよう

814views

投稿日:

パソコンやスマホが広く普及したことでドライアイに悩む方も増えてきました。

目のトラブルは出来るだけ早く問題解決することで合併症を防ぐことが出来ます。

こちらでは簡単に出来るドライアイ対策をいくつかご紹介していきましょう。

○簡単ドライアイチェックで自己診断

ドライアイで悩んでいる人は案外多く、性別や年齢問わず目の渇きを訴えています。

ドライアイの自覚症状として、目の中にゴミが入ったようにゴロゴロしたり、目の疲れが取れないという状態が続きます。

驚くことに日本ではおよそ800万人の人がドライアイを訴えており、2000万人がドライアイ予備軍という結果が報告されています。

自分がドライアイかどうか簡単にチェックすることが出来ます。

まずは目を一度閉じてください。そこから目を開けて10秒数えます。

10秒開けていられたら問題はありませんが、10秒経たずに瞬きしたくなる、瞬きをしてしまった場合はドライアイの可能性が高いと言われています。

ドライアイは目の水分量が減ったことで疲れ目になったり、角膜が乾燥することで細かい傷がついてしまう状態をいいます。

例えば目がしょぼしょぼして疲れやすい、目が乾いてパサパサした感じがする、目の中にゴミが入ったようにゴロゴロする、目が痛くなる、目がしみる、目が重いなどの不快感を感じるようになると言われています。

○症状が悪化する前にやっておきたいこと

パソコンやスマホを長時間瞬きせずに見続けていることが大きな要因となっているので、普段から瞬きを意識した生活を送ることが大切です。

どこでも手軽に出来る簡単な方法として、10~20秒間瞬きをしてみてください。

瞬きによって瞳全体に水分が行き渡ります。

どこにいても手軽にできるので、仕事中でもいいでしょうし、トイレに行ったときなども意識的に続けてみましょう。

ときどき目を閉じたまま瞳全体を潤す時間を一日に何度か取り入れてみるのも手軽にできるドライアイ予防対策です。

それからスマホやパソコンの画面を目線より下に下げることで、自然に瞼が下がり気味になります。

表面に出ている瞳の面積を減らせば、少なからず乾燥を防ぐことが可能になります。

○簡単ドライアイ解消法

仕事の合間にも、家で過ごしているときでも手軽にできるのがツボ押しです。

目の周りにはたくさんツボがありますが、肌が薄くてデリケートな部位なので注意しながら行いましょう。

一番いいと言われているツボが攅竹(さんちく)です。

左右それぞれの眉毛の内側にあります。

ゆっくり指の腹で押してみてください。痛みを感じるほど強く押さなくても大丈夫です。

それから部屋の湿度を保ってください。

家にいるときは加湿器を付けるといいでしょう。

冬場は湿気が気になるようでしたら、濡れたバスタオルを部屋にかけておくと効果的です。

それから最近は職場のディスク周りに置くタイプの小さい加湿器もあります。

USBケーブルでパソコンに繋げることが出来るので電源を確保する必要もありません。

あとはお風呂に入った時などホットタオルを目の上に置いてみましょう。

目の周りが温められることで血流促進を促します。

血の巡りがよくなると筋肉が程よくほぐれることで疲労回復にもつながるのでおすすめです。

○なかなか治らないなら病院へ

目がゴロゴロしたり、痛みを感じたり、ひどい場合は痛みによって涙が出てくることもあります。

こうなるとドライアイの症状は悪化している可能性があるので、出来るだけ早めに眼科で診察を受けてください。

診察の結果、必要に応じて目薬が処方されます。

市販されているものと違い即効性があるタイプなので、すぐに効き目を感じられるでしょう。

眼科の通院が終わったら、市販されているドライアイ用の目薬を常に持ち歩き、気づいたときに点眼すれば瞳の潤いを確保できます。

日ごろから意識的に点眼しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA