このページの先頭です

眼精疲労は目の疲れじゃない? 眼疲労と何が違うのか

1191views

投稿日:

目の疲れと言えば目の奥が重くなったり、目がしばしばするといういい方がありますが、実は眼疲労と眼精疲労という二つの症状があることをご存知でしょうか。

こちらでは眼疲労と眼精疲労の違いについてご紹介します。

○眼疲労と眼精疲労の違いとは

眼疲労も眼精疲労も、どちらも目の疲れという意味では同じです。

しかしそれぞれは症状が全く違うのです。

眼疲労は、その名の通り目の疲れです。

目を酷使したために一時的に目が疲れている状態を意味します。

少し休めることで症状が改善されるので、程度は軽いと判断されます。

もう一方の眼精疲労ですが、こちらは少し症状が重い状態をいいます。

例えば目の疲れだけではなく、目の疲れが影響を及ぼして肩がこったり、頭痛がするなど目以外の場所に不調が現れる状態を意味します。

眼疲労と違い少し休めたぐらいでは症状が改善されません。

症状を改善させるための方法を取り入れることが重要になります。

○眼精疲労はどんな症状が現れるのか

代表的なのがドライアイです。

パソコンやスマホの画面を見続けていると、普段より瞬きの回数が極端に減ってしまいます。

それが要因となって目が乾き、眼球表面に潤いがなくなりドライアイになります。

はとても重要で、傷や感染症から目を守ってくれます。

角膜に栄養を補給してくれる働きもあるため、涙の量が減ると必然的に目が無防備な状態になります。

目にストレスがかかると涙の量が減り、眼球が傷つきやすくなり、ドライアイによって瞳が栄養不足状態になります。

それから肩こりも気になるようになるでしょう。

仕事などで同じ姿勢のまま長時間過ごしたり、運動不足などが原因で血流が悪くなります。

頭部は非常に重く、その思い頭部を細い首で支えているので、血流が悪くなると栄養が行きわたらなくなります。

血流の悪さが肩こりに直結しているのです。

ひどい場合は炎症が起きて、腕が上がらなくなることもあるので注意が必要でしょう。

そのほかにも視力が低下する、目に痛みを感じる、目が充血している、頭が痛い、目がかすむ、吐き気をもよおす、精神的にイライラする、慢性的に疲れている、寝つきが悪い、心配事で頭がいっぱいになる、などの症状が報告されています。

○なぜ眼精疲労が起きてしまうのか

パソコンやスマホを操作するとき、その操作に集中するため目や指以外はほとんど動かしません。

血流がどんどん悪くなることで目がかすんだり痛みを覚えたり、光がいつもよりまぶしく感じることもあります。

肩こりや吐き気、頭痛なども引き起りますが、血流が悪いことが要因になっているので、軽いストレッチなどでも症状が改善されます。

椅子に座ったままディスクの上のパソコンを操作しているなら、15~30分に一度でいいので椅子から立ち上がって体を伸ばしたり、ひねったり、ドライアイ対策のために目薬を差したりしましょう

それから視力矯正のために眼鏡コンタクトレンズを長時間付けている場合、必ず自分の視力に合ったものを装着しましょう。

度数の合わないものを付け続けると、目の疲れがたまりやすくなります。

眼鏡やコンタクトを使っている方は定期的に眼科に通って検診を受けることをおすすめします。

○ちょっと怖い目の病気の話

視力を矯正するために眼鏡やコンタクトをしている方も多いですが、近視や乱視、または老眼などがあると物を見るときにこれまで以上に目に疲労が蓄積されます。

先ほど話したように度数の合っていないタイプを使い続けることも疲労の要因になります。

また、ドライアイ、白内障、緑内障などの病気が眼精疲労に直結することもわかっているので、目の不調を自覚した場合は早めに眼科で診察を受けるようにしましょう。

○眼精疲労を改善させるための簡単な方法

眼精疲労という言葉そのものが不安をあおってしまいそうですが、毎日継続することで症状を改善させることも可能です。

救世主となるのが「蒸しタオル」です。

電子レンジの能力にもよりますが、水で濡らしたタオルを軽く絞ってラップに包み、およそ1分程度温めます。

手で触れるぐらいの温度まで温めましょう。

それを目の上にのせることで目の周りが温められて血流がよくなります。

くれぐれも手で持てないほど熱いタオルは乗せないでください。

やけどの原因になります。

疲れていると蒸しタオルを作るのも億劫という方もいますが、そんなときは市販のホットアイマスクを使うといいでしょう。

○毎日取り入れたい眼精疲労の予防法

出来る限り目に負担がかからないよう、度数の合う眼鏡やコンタクトを装着してください。

特にコンタクトレンズの場合は直接目に入れて使うものなので定期的な検査が必要不可欠です。

それからパソコンを使う場合、蛍光灯や太陽の光がモニターに映り込まないようにすることや、1時間に1度、10分程度目を休ませてください。

視線をモニターから離して遠くを見るようにすると目の周りの筋肉がリラックスできます。

あとは精神的なリラックスも効果的なので、例えばお風呂に入るときにお気に入りの香りがする入浴剤を入れたり、寝る前はテレビやスマホを消して読書をするなどモニターから目を離す習慣をつけましょう。

○眼精疲労が原因の頭痛はどのように治すのか

目の周りが締め付けられたような強い痛みがある場合は、めまいや吐き気を感じることがあります。

これは緊張型頭痛に分類されて、パソコンやスマホを操作するときに同じ姿勢で長時間過ごすと引き起ることがあります。

意識的に休憩する時間を設けて体をほぐしましょう。

血流の悪さが要因になるため、お風呂に入るときにシャワーだけで済ませずに、湯船に入って体の芯から温めて血流を促すこともおすすめします。

また、こめかみあたりがズキズキと強く痛む場合は片頭痛に分類されます。

強く脈を打つように痛くなるだけでなく、音や光にも過敏になり、重症になると話すだけで痛みが強くなることもあります。

この場合は静かで暗い部屋に横になって過ごしてください。

痛みは血管が収縮することで強くなるので、氷枕などで痛みを感じる部分を冷やすと痛みが軽減されます。

○眼精疲労が原因の肩こりはどのように治すのか

目の周りの血流が悪くなっているということは、首回りから肩にかけて血流が悪くなっていることも考えられます。

血の巡りが悪くなると筋肉そのものが緊張状態になり固くなります。

これが肩こりの要因となるのです。

肩こりの厄介なところは肩が痛いだけでなく、それが要因となって腕に痛みを感じることもあるので早めの改善が必要になるでしょう。

やはりこちらも長時間同じ姿勢はNGということと、パソコン画面やスマホは視線よりも下になるように置いてください。

視線より上にすると目が大きく開いた状態になり、目が乾きやすくストレスになるためです。

ちょっと疲れてきたと感じたら、腕や肩をゆっくりまわして筋肉をほぐし、血流を促しましょう

○眼精疲労が原因の吐き気はどのように治すのか

吐き気が出ているということは自律神経が乱れている証拠と言われています。

これはストレスが主な要因となっているため、ストレスを解消させて胃腸の機能を復活させなければいけません。

ストレスの原因を排除することが一番いいのですが、それが難しい場合は上手にストレスを解消する時間を設けてください。

ストレスが解消されれば吐き気も徐々に収まってくるでしょう。

○眼精疲労を改善させるツボをご紹介

これは誰でも簡単に出来る解消法なので、ぜひ今日から実践してみてください。

その方法とは「ツボ押し」です。

ひとつめはこめかみにある太陽というツボです。

ふたつめが目がしらにある晴明(せいめい)、首の後ろで首筋の外側にあるツボが天柱(てんちゅう)、最後に目の中心の下の部分にある承泣(しょうきゅう)、この4つを覚えておきましょう。

それぞれのツボは目の周りにあるので必要以上に強い刺激はNGです。

指の腹で優しく押してください。疲れを感じたらいつでもどこでも簡単にできるツボ押しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA