このページの先頭です

ドライアイ対策|正しいコンタクトレンズの選び方ポイントまとめ

830views

投稿日:

現代人の目

パソコンやスマホなどが著しく普及している現代社会の中で、私たち現代人は生きています。

そんな社会を生きている人々の目は、今までにないほど酷使されている状態です。

1日中パソコンとにらめっこ状態であったり、スマホでいろいろな検索をしてみたりと、液晶画面を見ない日はないと言っても過言ではありません。

液晶画面が私たちの目に及ぼす影響は大きく、目にかかる負担は計り知れないものです。

そんな現代人の疲れ目に襲い掛かってくる病気1つに、ドライアイという病気があります。

ドライアイとは

 

ドライアイとは、名前の通り目が乾いてしまうことが原因でなってしまう病気です。

目を保護するのに欠かせない大切な涙が不足することにより、目が乾いてしまい、摩擦や刺激によって角膜が傷ついてしまう病気です。

本来涙は、悲しい時や嬉しい時にだけ分泌されるものではなく、乾燥や外的刺激から目を守るという役割も担っています。

そんな涙が眼球に行き渡らないことで、目を守ってくれるバリア機能を失い、目が傷ついてしまいます。

ドライアイの原因

 
パソコンやスマホ

 

パソコンやスマホなどの液晶画面から発せられる光は、目に強い刺激を与えるものです。

長時間見続けることにより、光による強い刺激を受け、まばたきの回数も減少し、目が乾燥してしまいます。

老化

 

年齢を重ねれば重ねるほど、涙の分泌量は減少してしまいます。

老化現象により、涙の分泌がうまくいかないことで目が乾燥するのです。

コンタクトレンズ

 

コンタクトレンズは、装着しているだけで目に負担がかかるものです。

コンタクトレンズ自体が、乾燥してしまうことを防ぐために涙から水分を吸収する仕組みとなっているため、装着しているだけで乾燥しやすい状態といえます。

自分に合ったレンズを正しく装着しなければ、さらなる乾燥を招き、ドライアイだけでなく他の眼病の原因にもなります。

ドライアイ対策

ドライアイとなってしまうことを防ぐためには、どんな対策を取る必要があるでしょうか。

日常生活の中でできるドライアイ対策を見てみましょう。

パソコンやスマホの長時間使用

 

パソコンやスマホを長時間見続けるだけでも、目にかかる負担は大きく、疲れ目の原因となります。

それでも仕事などの都合により、パソコンやスマホを長時間使用しないわけにはいかない人も、多いことでしょう。

目が乾燥するということは、眼球そのものから水分が蒸発するということでもあります。

そのため、できるだけ目の開きを少なくすることでも、水分の蒸発を防ぐことが可能です。

少しの目の開きで済むように、できるだけ大きな画面を使用したり、目の位置より少し下に置いたりすることでも、目の渇きを防ぐことができます。

適宜休憩を入れ、まばたきの回数を増やすことで疲れ目を防ぐこともできます。

正しいコンタクトレンズ選び

 

正しいコンタクトレンズを選ぶことにより、ドライアイを防ぐことが可能です。

装着するだけで目に負担をかけてしまうコンタクトレンズですが、ハードレンズやソフトレンズなどの種類があり、そのタイプや色、形まで実に様々です。

ドライアイ対策としてコンタクトレンズを考えた時、目に最適なのはハードレンズです。

ハードレンズの中でも下記のようなことに気を付けてレンズを選ぶと、よりドライアイを防ぐことができます。

酸素透過率

 

酸素透過率とは、コンタクトレンズがどれだけ酸素を通すかということです。

角膜は、酸素が欠乏することにより病気となってしまいますが、ドライアイもそんな病気の一種です。

コンタクトレンズがより多くの酸素を通し、どれだけ角膜に酸素を供給できるかにより、目にかかる負担にも差が出てきます。

よりたくさんの酸素を通すことができれば、ドライアイを防ぐことにもなるのです。

含水率

 

レンズの含水率とは、コンタクトレンズが、涙の水分を吸収する割合のことです。

コンタクトレンズは、レンズそのものが乾燥しないように、常に涙から水分を吸収しています。

コンタクトレンズを装着するだけで、目が乾燥しがちになるのはそのためです。

レンズの含水率が高ければ高いほど、レンズに涙を吸収されやすいということになるため、できるだけ含水率の低いレンズを選ぶことで、ドライアイを防ぐことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA